鹿児島マラソン2017

  1. 日本語
  2. ENGLISH
  3. 繁体中文
  4. 簡体中文
  5. 한국어
閉じる
閉じる

HOME > 大会について > ゲスト

大会について

ゲスト

オフィシャルアドバイザー・ゲストランナー

千葉 真子さん
千葉 真子さん
応援メッセージ

1976年京都府宇治市生まれ。立命館宇治高等学校から旭化成に入社し、96年アトランタオリンピック1万メートルで5位入賞、97年アテネ世界選手権1万メートルでトラック初となる銅メダルを獲得するなど、日本女子長距離界のトップ選手として国際舞台で活躍。旭化成退社後は豊田自動織機に所属。佐倉アスリート倶楽部小出義雄氏の指導を受け、03年パリ世界選手権マラソンで銅メダルに輝き、トラック、マラソン両種目のメダルを手にした。
05年2月からは、競技人生の集大成として自らの考えと計画のもとでマラソンに挑戦。06年8月27日「2006 北海道マラソン」を最後に第一線から退く決意を表明。
現在は"スポーツで世の中を元気にしたい"という目標をかかげ、ゲストランナーとしてマラソン大会に出演する他、講演会、メディアなどで活動。また、2010年に「千葉真子BEST SMILEランニングクラブ」を立ち上げ、市民ランナーの指導や普及活動も積極的に行っている。2011年に結婚、現在2児の母。

ゲストランナー

石原 良純さん【マラソン】
石原 良純さん

1962年神奈川県逗子市生まれ。1984年に慶応義塾大学経済学部を卒業した後、1984年 松竹富士映画「凶弾」でデビュー。様々な舞台や映画、テレビドラマなどに出演。
また、1996年3月に気象予報士の資格を取得した後は、様々なニュース番組や科学情報番組に気象予報士として出演。官公庁での講演や、数々の著書を出版するなど、幅広い活動を行っている。
現在は数々のテレビドラマやニュース番組に出演する傍ら、趣味のマラソンを生かし、「東京マラソン」や「大阪マラソン」などのシティマラソンへ精力的に参加している。 日本の四季、気象にだけではなく、地球の自然環境問題にも力を。

荒木 久美さん【マラソン】
荒木 久美さん

1965年福岡県生まれ。1988年ソウルオリンピックマラソン日本代表。1984年久留米市立南筑高校を卒業後、鹿児島県の京セラ国分工場に入社。全日本実業団女子駅伝、京セラ陸上競技部4度の優勝に貢献。トラック5000mとハーフマラソンでは当時の日本記録を樹立。マラソンのベスト記録は1989年ニューヨークシティーマラソン4位の2時間30分00秒。1986年と1990年のアジア大会、1987年と1991年の世界陸上に出場。アジア大会では2度の銀メダルを獲得。
1994年京セラ陸上競技部を退部とともに第一線から退く。1998年結婚。1999年志學館大学に入学、心理学を中心に学び、2003年卒業。2006年第1子出産までは、中学校、高校の心理相談業務に従事。現在、育児中心の主婦業の傍ら、アスリートを目指すジュニア世代から健康志向の高齢者まで、幅広いニーズに即した指導や講演活動などを行っている。鹿児島マラソン2016が、1992年バルセロナオリンピック選考レース以来、24年ぶりのフルマラソン。

宮下 純一さん【ファンラン】
宮下 純一さん

5歳から水泳をはじめ、9歳のときコーチの薦めにより背泳ぎの選手となる。鹿児島県立甲南高等学校から筑波大学に進学、体育専門学群で学び、中高教員免許を取得。2008年8月北京オリンピック競泳男子100メートル背泳ぎ準決勝で53.69秒のアジア・日本新記録を樹立、決勝8位入賞。同400メートルメドレーリレーでは日本チームの第1泳者として、銅メダルを獲得。2008年10月、競技者として有終の美と感じられる結果に現役を引退。現在は、水泳・スポーツの美と感動、アスリートという人間の心のドラマやストーリーを伝えられるスポーツキャスターとして幅広く活動。 (財)日本水泳連盟競泳委員として選手指導・育成にも携わっている。

大会アンバサダー

恵 俊彰さん
恵 俊彰さん
応援メッセージ

1964年12月21日鹿児島市生まれ。株式会社ワタナベエンターテインメント所属。1989年、石塚英彦氏とお笑いコンビ「ホンジャマカ」を結成。現在は、TBS系情報ワイド番組「ひるおび!」(2009年~)、フジテレビ情報バラエティ番組「その原因、Xにあり!」(2016年~)の司会や、東京FM「東京海上日動Challenge Stories~人生は、挑戦であふれている~」のパーソナリティを務める。俳優としても活躍中で、NHK大河ドラマ「毛利元就」(1997年)やTBS「サラリーマン金太郎」シリーズ(1999年‐2004年)、TBS「下町ロケット」(2015年)等に出演。司会・タレント・俳優と幅広いフィールドで活躍中。

遠藤保仁さん
遠藤保仁さん
応援メッセージ

1980年1月28日桜島町(現:鹿児島市)生まれ。鹿児島実業高校卒業後、横浜フリューゲルスへ入団。京都パープルサンガを経て、現在、ガンバ大阪に所属する。U20日本代表を初めとし、各年代の日本代表に選出され2002年11月に日本代表国際Aマッチデビュー。その後は、日本代表の中心選手として活躍し3度のワールドカップメンバーに選ばれる。日本代表の国際Aマッチ出場最多保持者。(152試合/15得点) ・Jリーグベストイレブン(2003年、2004年、2005年、2006年、2007年、2008年、2009年、2010年、2011年、2012年、2014年、2015年)
・AFCチャンピオンズリーグ2008MVP
・2009AFCアジア最優秀選手賞
・J2 Most Exciting Player(2013年)、Jクロニクルベスト ベストイレブン(2013年)
・Jリーグ最優秀選手賞(2014年)

国生 さゆりさん
国生さゆりさん

1966年鹿児島県生まれ。16歳の時に、父の転勤に伴い広島県呉市へ。高校在学中に、フジTV「オールナイトフジ」美少女コンテストに応募、優勝。それを機に、「夕やけニャンニャン」スタート時から会員番号8番として出演。1986年2月に「バレンタイン・キッス」でCBSソニーよりデビュー。1987年3月、おニャン子クラブを卒業。映画出演以来、女優としての活動を中心に多岐に渡り活躍中。

大迫 淳英さん
大迫淳英さん

鹿児島県出身。重富中学校、県立加治木高等学校を卒業。福岡教育大学総合文化科学課程芸術コース音楽専修卒業。その後、イタリア・ミラノ、チェコ・プラハ、またルーマニアで研鑽を積む。アクロス福岡では皇太子殿下ご夫妻の御前において演奏。またベルリン・フィル ヴァイオリン・アンサンブルの日本ツアーにソリストとして出演。海外でのレコーディング、コンサート、CMへの出演、音楽製作など、幅広い活動を展開。また、JR九州「ななつ星in九州」のテーマ曲を演奏するヴァイオリニストとして、これまでの「ななつ星」すべての運行に乗務(およそ年間200日)。

大会オフィシャルソング

AIさん
AIさん

YOU ARE MY STARベスト・アルバム「THE BEST」内収録

■AI 「THE BEST」 総ダウンロード数1000万を超えるヒット曲満載の全18曲の文字通りの"THE BEST"な1枚は、これまでのファンも、これからのファンも、"この1枚を持っていればマチガイナイ"、AIの決定盤(※全曲最新リマスタリング)UPCH-20409 ¥2,700+税 絶賛発売中!

●AI Official Site : http://AImusic.tv

●AI Official Facebook : http://www.facebook.com/AI

●AI Official Twitter : @micaholic1981

L.A.生まれ。鹿児島育ち。ゴスペルクワイアーで鍛えた本格的な歌唱力。完璧な英語、バイリンガルでラップもこなせるストリート感覚。L.Aアートスクールで学んだダンス・センス。SOUL、R&B、HIP HOP、DANCE、POPと全要素を横断する "QUEEN OF HIP HOP SOUL"シンガー、それがAI。 2000年11月「Cry, just Cry」でデビュー。2005年「Story」の大ヒットの後、2009年「BEST A.I.」でオリコンチャート1位獲得。名実ともにトップアーティストの座を確立する。レーベル移籍後も「ハピネス」が300万DL突破の大ヒット。2014年からは更なる飛躍に向け自身のプライベートの時間に比重をおき、2015年8月には第一子を出産。その間も、Apple社が世界に発信するオーディオ機器メーカー"Beats by Dre"のグローバルキャンペーンCMに出演、そしてアカデミー賞・長編アニメーション賞を受賞したディズニー長編アニメーション映画「ベイマックス」の日本版エンドソングに「Story」が抜擢され100億円を超える興行収入に貢献、2015年冬には「ハピネス」が日本人アーティストとして初の5年連続コカ・コーラクリスマスキャンペーンソングに起用され冬の代表曲に。2015年11月デビュー15周年イヤー記念のオールタイムベストアルバム「THE BEST」をリリースし、オリコン週間アル.バムランキング初登場3位。継続したセールスを続け、3週連続オリコン週間アルバムランキングTOP10入りし、今もなおロングセールスを記録している。2016年幕開けと共にオンエアが始まった好感度No.1のTVCM au三太郎シリーズ「みんながみんな英雄」篇で話題の最新CMソング「みんながみんな英雄」が1/18より一斉配信されてからiTuns週間ソングランキング2週連続1位をはじめ各配信サイトで軒並み1位を獲得し、大反響に。11月には2年9カ月ぶりのニューシングル「ハッピークリスマス/HEIWA/ミラクル」と、国内外総勢35組のアーティストが参加した豪華コラボレーション・ベスト「THE FEAT. BEST」をリリース。また、5月からスタートした自身初のベストツアー「THE BEST TOUR」は、12月4日の鹿児島アリーナファイナル公演までに自身最大の公演数となる全国51公演13万人を動員し、大盛況のうちに終えた。本格的に再始動したAIから目が離せない。 日本が世界に誇るグローバル・スタンダード・アーティスト。 AIは音楽、人柄、その溢れ出る愛を通してアジアや世界の架け橋となっていく。

県外招待選手

トヨタ自動車九州陸上競技部
加藤 泰智さん

加藤 泰智さん 1993年3月10日生まれ
鹿児島県曽於市出身 都城工業高校卒
マラソン 2時間25分13秒

黒崎播磨陸上競技部
金子 幸司さん

金子 幸司さん 1988年3月18日生まれ
山口県出身
ハーフマラソン 1時間03分27秒

旭化成陸上部
出口 和也さん

出口 和也さん 1988年8月14日生まれ
茨城県出身
延岡西日本マラソン 2時間17分59秒

男子県内招待選手

飛松 佑輔さん 鹿児島マラソン2016
2時間20分38秒 マラソン男子の部5位

田代 一晃さん 鹿児島マラソン2016
2時間23分18秒 マラソン男子の部6位

増田 悠大さん 鹿児島マラソン2016
2時間25分35秒 マラソン男子の部7位

引地 剛さん 鹿児島マラソン2016
2時間26分10秒 マラソン男子の部8位

女子県内招待選手

久保 愛結美さん

坂口 一美さん 鹿児島マラソン2016
2時間55分19秒 マラソン女子の部1位