鹿児島マラソン2019

ランナー

メディカル情報

大会に向けて

日本体力医学会ガイドライン検討委員会と公益財団法人日本陸上競技連盟医事委員会が共同で「マラソンに取り組む市民ランナーの安全10か条」を策定しています。ランナー自身が自己責任のもとに、どのような健康管理をおこなうのか、どのようにトレーニングをおこなうのか、レース当日にどのように注意すべきか、について「安全10か条」としてまとめられたものです。大会に参加される前に、ぜひご覧ください。

健康管理について
1.普段から十分な栄養と睡眠をとりましょう。
2.喫煙習慣をやめましょう。
3.メディカルチェックを毎年受けましょう。
4.生活習慣病がある方は、かかりつけ医とよく相談しましょう。
レース完走に向けたトレーニング計画
5.計画的なトレーニングをしましょう。
6.気温、湿度に適したウエアの着用と、適切な水分補給をしましょう。
7.胸部不快感、胸痛、冷や汗、フラツキなどがあれば、すぐに走るのを中断しましょう。
8.足、膝、腰などに痛みがあれば、早めに対応しましょう。
大会参加に向けての心構え
9.完走する見通しや体調に不安があれば、やめる勇気を持ちましょう。
10.心肺蘇生法を身につけましょう。

平成25年5月10日
日本体力医学会ガイドライン検討委員会
公益財団法人日本陸上競技連盟医事委員会